知らない人も多い離婚の知識について説明していきますが、大事な事ですのでぜひ把握してもらいたいです。

興味尽きない日本と海外の離婚事情

知らない人も多い離婚の知識

離婚の知識の中では知らない人が多い知識も当然あります。離婚が認められる主な事に浮気、暴力、借金などはみなさんご存じだと思いますけど、それ以外の理由についてはあまり知らない人も多いです。そこで今から説明していきます。まず結婚相手が失踪した場合です。簡単に言えば行方不明になった時に離婚する事が認められます。もちろん少しの間、行方不明になったからといって離婚する事はできませんが、長期間の間ずっと行方不明になっている場合は離婚する事ができるようになります。これは年単位になってきます。次に、病気がらみでも離婚できるようなる事があります。それが長期的な精神病にかかっていて、この後将来的にも社会復帰ができない可能性が高いと判断された時に離婚をする事ができます。これは医師の判断や裁判所の判断で決められますのでどちらに判断されるのかは分からない部分もありますけど、重度の精神病になった場合は、離婚の判断ができるという事を覚えておいてほしいです。

そして、別居による離婚もあります。しかし、別居したからといってすぐに離婚できるわけではなくて別居状態が続いて婚姻を続ける事が難しいと判断された場合にだけ離婚が認められます。こちらは別居期間というのが非常に大切になってきますけど、5年以上の別居だと離婚できる可能性が高くなります。まだ1.2年ぐらいですと離婚が認められるには他の理由が必要になってきますので、離婚するまでは相当時間がかかります。
Copyright (C)2017興味尽きない日本と海外の離婚事情.All rights reserved.